PR

ニュース 経済

動物からイノベーションを学ぶ クリエイター×動物園 「進化の学校」の開校!

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

 ~校舎はよこはま動物園ズーラシア&オンライン~

 横浜の新たな魅力を生み出す学びの場「進化の学校」では、日本最大級の動物園とオンラインを舞台に、デザイナー・太刀川英輔氏(NOSIGNER代表)が提唱する思考メソッド「進化思考」を用いて、生物からイノベーションを学ぶ全3回のワークショップを開催。参加者を募集しています。「進化の学校」は、クリエイターの力と、よこはま動物園ズーラシア(公益財団法人横浜市緑の協会)が持つ生態系の知識とを活かし、企業や大学の事業アイデアや価値観をアップデート(進化)することを目指します。そして、気候変動など地球環境が大きく変化する中で持続可能な社会をつくるため、未来を描くイノベーターの交流をはかります。今回の開催は、文化芸術創造都市横浜の取組の一環として2019年より実施したワークショップ「WE BRAND YOKOHAMA」シリーズとして企画。開催形態は、現在の新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、動物園での実地開催とビデオ会議システムを用いたオンライン開催を組み合わせて実施します。詳細:http://acy.yafjp.org/news/2020/16239.html

生物の進化から、事業と人の進化を学ぶ

 地球の未来を培う発想を養い、進化を生み出すイノベーターのための学校

 企業において、地球環境へのイノベーションを起こしている実践者が学び合う、

 はじめての「進化からイノベーションを学ぶ学校」、開校。

環境問題を、本当に実感していますか?

 地球環境が危機的な状況だから、技術にイノベーションが起きなければいけない。

 SDGsが叫ばれているし、うちの会社ももちろん積極的に取り組もう。そうした企業がとても増えています。

 でも環境問題を語るときに、私たちはその本質を本当に理解しているのでしょうか。

 まるで対岸の火事のようにデータだけを見ても、今本当に世界で起こっている事は理解できません。

 こうしたギャップを埋めるべく、真に環境問題を理解して事業の発想を考え、生態系のための事業構想を学び、

 未来に必要な事業を進化させる「進化の学校」を開校します。

環境共生社会のためのイノベーターたちの学びの場とコミュニティ

 「進化の学校」は、環境に共生するイノベーションを生むために動物園を舞台に事業の進化を自然から学ぶ、世界でも唯一のイノベーション研修です。また、環境共生社会に向けたイノベーターたちのコミュニティづくりでもあります。皆さんが取り組む事業のアイデアを磨いたり、新しい発想を自然から学ぶ機会としてぜひ奮ってご参加ください。

開催概要

特徴

 企業や現場で地球環境へのイノベーションを作る実践者たちと交流し、学び合う

 動物園の現場に赴き、専門家の知見と共に事業の生態系への影響を体感する

 生物の進化を通じて学ぶイノベーション手法「進化思考」で事業を発想する

こんな方におすすめです

 生物多様性や環境に対応した事業づくりに関わっている方

 自社のブランディングや新規事業・イノベーション創出に関わっている方

 固定概念にとらわれず外部の視点を取り入れながらアイデアを考えたい、発想力を磨きたい方

 主催:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、公益財団法人横浜市緑の協会、NOSIGNER株式会社

 協力:横浜市、IMAGINE

お問合せ

 アーツコミッション・ヨコハマ[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]

 〒231-0023 横浜市中区山下町2産業貿易センタービル1F

 Tel.045-221-0212(代表) Fax.045-221-0216

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ