PR

ニュース 経済

不動産ファンドを子会社化 三井住友リース

 三井住友ファイナンス&リースは20日、大手不動産投資ファンドのケネディクスに対して株式公開買い付け(TOB)を実施し、子会社化すると発表した。買収額は約1300億円となる見込み。経営環境が厳しくなる中、業容を拡大して収益力を高める。

 不動産事業を手掛ける子会社を通じて、株式の過半を取得する。ケネディクスは賃貸住宅や商業施設などを対象とした不動産投資信託(REIT)の運用を手掛けている。TOBが成立すれば、ケネディクスは上場廃止となる見通し。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ