PR

ニュース 経済

個人情報75人分漏洩 日本郵便、取引先担当者

 日本郵便は19日、取引先企業14社の担当者計75人分の個人情報が漏洩(ろうえい)したと発表した。インターネット上の無料情報共有アプリで、4月17日から11月16日までの約7カ月間、氏名や会社名、会社の電話番号などが誰でも閲覧できる状態になっていた。情報が悪用されるといった二次被害の報告はないという。

 漏洩は郵便局の窓口やネットで地域産品の販売を手掛ける同社物販ビジネス部で発生。今月16日に一般からの問い合わせで判明した。外部のネットサービスを利用する際の社内申請はしていたが、規定に沿ったセキュリティー対策を講じていなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ