PR

ニュース 経済

ボージョレ解禁、ネット予約好調

フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場で乾杯する人たち=19日午前0時1分、東京都渋谷区
フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場で乾杯する人たち=19日午前0時1分、東京都渋谷区

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が19日午前0時に解禁された。今年は新型コロナウイルスの流行で参加者が直接集うイベント開催は自粛が目立つ。各社は「巣ごもり需要」に着目した高級品などをそろえ、事前のインターネット予約が好調だ。生産者団体からなるボジョレーワイン委員会によると、今年は「果実味が濃縮されたワイン」という。

 メルシャンによると、今年はコロナの影響があるため輸送期間に余裕を持たせ、例年より早く日本に届いた。ボージョレの総輸入量は昨年より少なく、平成25年から続く減少傾向は変わらない。メルシャンは人気のロゼや健康志向に配慮した酸化防止剤無添加タイプをそろえる。

 サントリーワインインターナショナルは有機栽培のブドウを使ったオーガニック商品を用意した。アサヒビールは、樹齢平均80年の古木で収穫されたブドウを使った参考価格6千円台の高級品を4千本限定で販売する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ