PR

ニュース 経済

女川2号機再稼働 宮城県知事が経産相に了承報告

東北電力の樋口康二郎社長(右)に女川原発再稼働の同意を伝える村井嘉浩知事=18日、県庁(塔野岡剛撮影)
東北電力の樋口康二郎社長(右)に女川原発再稼働の同意を伝える村井嘉浩知事=18日、県庁(塔野岡剛撮影)

 東北電力女川原発2号機の再稼働をめぐり、宮城県の村井嘉浩知事は18日、梶山弘志経済産業相に再稼働を了承したと正式に報告した。地元同意は、東日本大震災の被災原発としても、東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)としても初。東北電は安全対策工事が完了する見込みの令和4年度以降の再稼働を目指す。

 冒頭、村井知事は「政府の再稼働に向けた方針について了承という形で回答する」と発言。そのうえで国に対し、県民らへの丁寧な説明のほか、核燃料サイクルの方針や高レベル放射線廃棄物の最終処分場の選定などの取り組みを着実に進めることを要望した。これに対し梶山氏は「引き続き、関係者の声に耳を傾けるとともに、丁寧な説明を尽くしていく」と応じた。

 会談後、取材に応じた村井知事は「これまで真摯に協議を進めてきた。『安全に終わりはない』という思いを持って対応いただきたいと大臣にお伝えした」と述べた。また知事としても、県民への説明や訓練の実施、インフラ整備などを進めていく考えを示した。

 村井知事は経産相への報告に先立ち、女川町の須田善明町長、石巻市の亀山紘市長とともに、宮城県庁で東北電力の樋口康二郎社長に会い、再稼働への「同意」を伝達した。樋口社長は会談後の記者会見で「福島第1原発事故を教訓に新たに生まれ変わるという決意を込めて『再出発』と位置付けている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ