PR

ニュース 経済

ANA、新卒採用を大幅圧縮 令和4年度は200人に

全日空(ANA)機の尾翼
全日空(ANA)機の尾翼

 全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)は17日、令和4年度入社の新卒採用の人数を大幅に圧縮すると明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大前にはグループで約3千人を採用していたが、4年度入社では約200人に削減する。

 パイロットのほか、空港の地上スタッフや一般事務職員など全職種が削減対象となる。客室乗務員の採用はゼロにする。

 新型コロナ感染拡大により、ANAグループでは国際便を中心に大幅減便を続けており、余剰人員が出ている。3年度入社は、当初約3200人の募集に対して約700人の採用にとどめた。

 ANAHDは3年3月期の連結最終損益が過去最悪の5100億円の赤字になるとの見通しを発表している。雇用維持のため、家電量販店ノジマなどグループ外の企業や自治体に、来春までに400人を出向。採用中止と定年退職による自然減により、現在約4万8千人のグループ全体の人員規模を4年度までに約3500人削減する方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ