PR

ニュース 経済

RCEP署名 関西財界も「東アジアとの連携強固に」と歓迎

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の協定が15日に署名されたことを受け、関西経済連合会の松本正義会長は「大いに歓迎する。RCEPは、わが国にとって中国・韓国を含む初めての貿易協定であり、困難な交渉をまとめられた政府関係者に敬意を表したい」とのコメントを発表し、支持する考えを表明した。

 松本氏はまた、「関西経済の発展にとって東アジアとの経済連携が強固になることは大きなプラスになる」とし、貿易などでアジアと関係が深い関西経済にとってRCEPが追い風になるとの期待を示した。

 一方、関西経済同友会の古市健代表幹事は「各国での批准により、早期に効力が発することを期待する」とした上で、「こうした枠組みのもとで関西の企業も自由貿易の果実を着実に享受し、それが関西経済の活性化につながる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ