PR

ニュース 経済

C Space Japan「顧客体験価値(CX)ランキングTM2020」 日本国内における「顧客体験価値」によるランキングTOP50を発表

 ・第1位「ディズニー」、第2位「くら寿司」、第3位「オーケー」

 ・コロナ禍でも変わらぬ強さの「ディズニー」

 ・新しい生活様式への迅速な対応で顧客体験価値を高めた「くら寿司」「ヨドバシカメラ」

 ・業種別では「食品・飲料メーカー」「日用品販売」「旅行・交通」が高評価

 インターブランドジャパンのグループの一員であるC Space Japanは、今年で第2回目となる顧客体験価値(CX:Customer Experience)のランキングを発表しました。本ランキングは、欧米で実施してきた「顧客体験価値(CX)調査」を日本で実施し、顧客視点でのすべての体験を通じた、ブランドの「顧客体験価値(CX)スコア」を数値化し、分析したものです。CXスコアは購入意向との強い関係性が見られます。

 今年のランキング第1位は、「ディズニー」が躍進しました。「ディズニーランド」も7位にランクインし、コロナ禍においても「ディスニー」の強さが際立つ結果となりました。第2位は「くら寿司」が昨年の圏外よりランクインしました。「withコロナ」時代のニーズをいち早く捉え、持ち帰りや宅配、店舗での感染防止対策を徹底したことが躍進の理由です。第3位は、「オーケー」。昨年も第13位にランクインし、安定して顧客の高い評価を得ています。第4位には、「ヨドバシカメラ」が昨年の圏外からランクインしました。送料無料や配送の速さなど、テレワーク関連のニーズに応えた購買体験が、ランキングの躍進に繋がっています。

 Top20のうち9ブランドは昨年に引き続きTop20にランクインしました。「ディズニー」を除く8ブランド(オーケー、J A L、任天堂、サントリー、ファンケル、ANA、じゃらん、味の素)は、昨年とのスコア差が±1.00以内で、環境の変化に影響されずに高い顧客体験価値を維持しています。また、Top20のうち5ブランド(くら寿司、ヨドバシカメラ、阪急百貨店、星野リゾート、マクドナルド)が、昨年のランキング圏外からTop20にランクインしました。これらのブランドは、新しい生活様式への対応で顧客体験価値を高めています。(1)コロナ禍でビジネスの状況が厳しくとも、「心に刻まれた強い記憶」で「高い経験価値」を保ち続けるブランドと、(2)コロナ禍での迅速、徹底した対応で、体験価値を上げたブランドが高い評価を得ており、これは、「ピーク・エンドの法則」*1が働いていることを物語っています。

 コロナ禍により顧客と直接接する機会は減少しても、テクノロジーを活用し、変化を捉え、顧客の気持ちや求めることの本質を理解し、その期待を超え顧客を軸にビジネスを進めていくブランドが顧客体験を高く評価されています。

 *1ピーク・エンドの法則 (peak-end rule):一連の体験において、もっとも感情が動いたとき(Peak)と、終わったとき(End)の記憶だけで、その経験の全体的な印象が決定される。ピーク以外の情報は、たとえそれが感情の持続性や総和量であったとしても喪失はしないが、比較にはあがらない。Kahneman, Daniel. (1999)

 その他ランキングの詳細はこちら

 → https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000108.000000092.html

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ

PR TIMES TVトップへ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ