PR

ニュース 経済

12月の運航率97%に改善 スカイマーク

混雑する羽田空港国内線の出発ロビー
混雑する羽田空港国内線の出発ロビー

 スカイマークは12日、12月の国内線は計画比で97・2%の便数を運航すると発表した。11月の85・7%から改善し、平時に近づく。最近の需要回復傾向を踏まえ、12月23日~来年1月12日の年末年始は減便せずに計画通り運航する。

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の効果もあり、羽田空港発着便を中心に予約が好調という。来年1月13日以降は、感染拡大の状況や需要の動向を見て判断する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ