PR

ニュース 経済

「合格」「門出」出発進行! 大井川鉄道、35年ぶり新駅

大井川鉄道の新駅「門出」の開業記念式典で、ヘッドマークを手にする静岡県島田市の染谷絹代市長(右)と鈴木肇社長=12日午前、島田市
大井川鉄道の新駅「門出」の開業記念式典で、ヘッドマークを手にする静岡県島田市の染谷絹代市長(右)と鈴木肇社長=12日午前、島田市

 大井川鉄道(静岡県島田市)は12日、大井川本線の五和-神尾間に同鉄道としては35年ぶりの新駅となる「門出駅」を同市に開業し、記念式典を開催した。隣駅の五和もこの日から「合格」へ名称を変更し、縁起の良い路線としてアピールすることで列車の利用者増を目指す。

 同鉄道によると、五和駅舎内には地元有志が作った「合格地蔵」、隣の日切駅付近にも、日にちを指定して願掛けすればかなうとして親しまれる「日限地蔵尊」があり、これまでも縁起が良いとして受験生らが訪れていた。

 担当者は「新駅開業後は日切駅で願掛けした後、合格駅から門出駅を経て新たな人生のスタートを切ってほしい」と説明。「島田市名産のお茶も飲み、成分のカテキン(勝てキン)で新型コロナウイルスにも打ち勝ってほしい」とも話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ