PR

ニュース 経済

自動運転「レベル3」、世界初の型式認定 ホンダが年度内に発売へ

ホンダの現行「レジェンド」
ホンダの現行「レジェンド」

 国土交通省は11日、自動運転の「レベル3」を実現する装置を搭載したホンダの高級車「レジェンド」に対し、量産や販売に必要な「型式認定」を行ったと発表した。特定条件下で運転者に代わってシステムが運転するレベル3の自動運転ができる量産車が型式認定を受けるのは世界で初めて。令和2年度内に発売される予定だ。

 レジェンドの自動運転装置は高速道路での渋滞時にドライバーに代わって車線内の走行を維持しながら前を走る車を追随することができるという。ただ、高速道路以外や装置の故障時には運転者が運転する必要があるなど、システムによる自動運転には制限がある。

 政府はレベル3よりも高度な自動運転の実現を目指しており、高速道路や晴れの日など特定条件下でほぼ完全にシステムが運転する「レベル4」を令和7年、さらに、道路や天候などにかかわらず自動運転を常に可能とする「レベル5」の実現も目指している。

 国交省はこれまで、レベル3の自動運転車の年内販売に向け、自動運転装置の保安基準を3月に策定するなど準備を進めてきた。今後、より高度な自動運転の実現に向けた制度整備を進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ