PR

ニュース 経済

EU、アマゾンに独禁法違反警告、新たな調査開始

米アマゾン・コム(AP)
米アマゾン・コム(AP)

 欧州連合(EU)欧州委員会は10日、米インターネット通販大手アマゾン・コムに対し、運営するオンライン市場に出品する小売業者の販売データを自社の商品販売に使うのは、EU競争法(日本の独占禁止法に相当)に違反するとの暫定見解を示したと発表した。アマゾンの商慣行をめぐり、新たな調査を始めたことも明らかにした。

 EUは競争法違反の疑いがあると警告する「異議告知書」をアマゾンに送付。アマゾンは、この告知書に反論できる。

 アマゾンは小売業者としてネット販売する一方、一般の小売業者が出品できるオンライン市場「マーケットプレイス」も運営している。欧州委はアマゾンが出品業者のデータを利用して類似商品を販売していると問題視し、2019年7月に調査を開始。アマゾンは出品業者と契約する際、販売データの分析・使用を認めさせていたという。

 こうした商慣行はEU競争法違反の「優越的地位の乱用」に当たる疑いがある。同法は違反企業に全世界売り上げの最大10%の制裁金を科すことができると定めている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ