PR

ニュース 経済

新幹線初の自動運転試験へ E7系で来年秋実施

E7系車両=9月29日、長野市
E7系車両=9月29日、長野市

 JR東日本の深沢祐二社長は10日の定例記者会見で、北陸新幹線や上越新幹線で使われているE7系車両による自動運転の試験を来年10~11月ごろに複数回実施すると発表した。新幹線での自動運転の試験は、営業用車両では初めて。深沢社長は「将来は新幹線を無人で運転することが目標だ」と述べ、実現に必要な技術の蓄積と検証を目指す考えを明らかにした。

 JR東によると、最新型のE7系1編成12両を使用。上越新幹線の新潟駅から新潟新幹線車両センター間の新潟市内の約5キロを試験走行する。自動列車運転装置(ATO)を取り付け、仮設の指令室から遠隔で発車や停車をさせるほか、事前に設定したプログラム通りに加減速するかどうかを確かめる。運転士は乗るが、緊急時以外は列車を運転しない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ