PR

ニュース 経済

コロナワクチン臨床結果に「勇気づけられた」と独保健相

 ドイツのシュパーン保健相は9日の記者会見で、米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが開発を進める新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験結果について「大変勇気づけられた」と語った。90%以上の有効性が認められた点にも触れ「(他の臨床試験と)一線を画すものだ」と強調した。

 一方で今回のワクチンが承認された場合、ドイツでの使用開始がいつになるか、明確な時期は示さなかった。その上で、使用が始まったとしても当初の段階では多くの人に行き渡らないとの見通しを示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ