PR

ニュース 経済

ワクチン有効性90%以上 米ファイザーが暫定評価 最終段階治験で初

米製薬大手ファイザーの看板=ニューヨーク(ロイター)
米製薬大手ファイザーの看板=ニューヨーク(ロイター)

 米製薬大手ファイザーは9日、開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンについて、感染、発症を防ぐ有効性が90%以上に上ったとする暫定的な臨床試験の結果を公表した。安全性の深刻な懸念も見られないとし、今月中にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請するとしている。欧米メーカーのワクチンの中で、最終段階で有力な結果が示されたのは初めて。日本政府は同社からこのワクチンを6千万人分供給を受けることで基本合意している。発表を受けてトランプ米大統領は「大変良いニュースだ!」とツイッターに書き込んだ。米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領は歓迎しつつも「われわれの前にある今の課題は変わらない」と声明を出した。米国などで実施している最終段階の臨床試験の結果を中間評価した。FDAは、被験者の一定規模を接種完了から2カ月、経過観察するよう求めており、ファイザーは15~21日までに必要なデータがそろうとしている。

 同社は年内に5千万回分、来年は13億回分を製造できるとしている。2回接種が必要という。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ