PR

ニュース 経済

群馬県職員給与「改定なし」 民間との格差小さい 県人事委

 群馬県人事委員会は9日、令和2年度の県職員給与を据え置くよう、山本一太知事と萩原渉県議会議長に勧告した。県内の民間給与との格差が小さいためで、「改定なし」は平成25年以来、7年ぶり。

 ボーナスに当たる期末手当は0・05カ月分の引き下げが既に勧告されており、行政職(平均年齢44歳)の平均年収は2万円減の624万2千円になるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ