PR

ニュース 経済

本社機能を1カ所に集約 三菱ケミカル、在宅勤務定着で

 三菱ケミカルは7日、現在3カ所に分かれている本社機能を来年4月に1カ所に集約すると明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大を契機にテレワークが定着し、オフィスのスペースに余裕が出ているためで、経費削減や業務効率化につなげる。

 三菱ケミカルは現在、東京都内の丸の内、日本橋、大崎の3カ所に本社機能が分散し、計約2千人の社員が勤務している。本社機能の集約は2年ほど前から検討してきたが、コロナ以降、出社率が平均2~3割程度にとどまっていることから、丸の内に集約することを決めた。

 一方、社員が働きやすい環境を整えるため、来年度中に「サテライトオフィス」を都内近郊に5カ所設置する方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ