PR

ニュース 経済

東武鉄道、SL2両目が来月デビュー 重連運転の体験ツアーも

東武鉄道が12月に運行を始めるSL「C11形325号機」(同社提供)
東武鉄道が12月に運行を始めるSL「C11形325号機」(同社提供)

 東武鉄道は6日、真岡鉄道で運行されていた蒸気機関車「C11形325号機」を、来月26日から観光列車「SL大樹」として運行すると発表した。これに先立ち来月6日に南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)で、現行機のC11形207号機との重連運転を楽しむツアーイベントを催す。

 イベントは「2020東武プレミアムファンツアー第1弾」と名付け、重連運転の撮影会や乗車体験などを行う。東武トップツアーズの旅行商品として発売予定で、今月中旬に詳細を発表する。

 一方、年末年始の8日間(12月26、27日、1月1~3、9~11日)は、両機を使って2編成の「SL大樹」を運行。鬼怒川線の下今市-鬼怒川温泉間を計4往復するダイヤで、各日午後1時15分ごろには大桑駅で大樹4号と5号が待ち合わせを行う。SL2機が行き違う様子は、鉄道ファンの注目を集めそうだ。

 325号機は、今年7月に真岡鉄道の沿線自治体で作る芳賀地区広域行政事務組合(栃木県真岡市)から東武へ譲渡され、整備が行われていた。同社がJR北海道から借り受けている207号機と合わせ2機体制となったことから、来夏には日光・鬼怒川エリアでSL大樹の「毎日運転」を始める。

 また日本鉄道保存協会から譲渡されたC11形の復元も進めており、来年冬には3機体制となる計画。このSLの車両番号について東武は「今年11月に創立123周年を迎えたことや、ホップ・ステップ・ジャンプの飛躍を表現したい」として、123号機とすることを決定した。3機体制の実現後は、3重連運転も行いたいという。(山沢義徳)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ