PR

ニュース 経済

トヨタ通期利益1・4兆円 販売急回復で業績予想引き上げ

トヨタのロゴ(佐藤徳昭撮影)
トヨタのロゴ(佐藤徳昭撮影)

 トヨタ自動車は6日、令和3年3月期の連結業績見通しを上方修正し、売上高を従来の24兆円から26兆円、最終利益を7300億円から1兆4200億円に引き上げた。新型コロナウイルスによる販売落ち込みからの回復ペースが想定を上回ったため。中国や北米での販売好調が寄与した。それぞれ前期比で12・9%減、30・3%減となる。

 同時に発表した2年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比25・9%減の11兆3752億円、最終利益は45・3%減の6293億円だった。新型コロナの影響が引き続き残っているものの、4~6月期からは落ち込み率は縮小した。

 2年度のグループ販売台数見通しを従来の910万台から942万台に引き上げた。

 トヨタは今回の決算から国際会計基準(IFRS)を採用。従来予想は、売上高を5月に、最終利益は8月にそれぞれ開示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ