PR

ニュース 経済

「空飛ぶクルマ」開発 “移動革命”へベンチャー名乗り相次ぐ 

 海外では米国が先行。配車サービス大手のウーバーが4人乗りeVTOLを開発し、2023年のサービス実用化を目指す。ベルヘリコプターも20年代半ばの実用化を目指して機体開発を進め、日本の物流大手ヤマト運輸が活用する方針だ。欧州でもドイツなどでベンチャー企業を中心に開発に参入している。

 海外勢の動きをにらむかたちで、日本も経済産業省と国土交通省が平成30年に空飛ぶクルマの産業化に向けたロードマップ(行程表)を策定し、実用化目標を令和5年に定め、機体の安全基準や操縦者の技能証明などに関する具体的な検討が進む。ベンチャー企業が新たに作り出す「空を自由に行き来できる世界」がすぐ目の前に迫っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ