PR

ニュース 経済

関電、40年超原発の再稼働手続き本格化も地元同意不透明

 関西電力の高浜原発1号機(福井県高浜町)など老朽原発3基の再稼働に向けた地元同意手続きが本格化する。同町議会は再稼働を求める請願を6日に審議、美浜原発3号機のある同県美浜町では住民説明会が開かれるなど「地ならし」が進む。関電は来年1月以降の再稼働をもくろむが、最終同意には使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外候補地選定が「前提」となっており、先行きは厳しい。

 関電では3日、定期検査のため大飯原発4号機(同県おおい町)の運転を停止し、管内は3年半ぶりに稼働原発がゼロになった。ただ、12月には高浜3号機が運転を再開する予定で、関電は電力供給や業績に影響はないとしている。

 原発事業での焦点は、運転40年超の老朽原発3基の再稼働に向けた地元同意に移っている。3基はすでに原子力規制委員会の安全審査で、最長20年の延長運転が認められた。地元同意が得られれば、国内初の老朽原発の再稼働となる。

 高浜町議会特別委員会は6日、再稼働を求める請願を審査。美浜町議会での審議は未定だが、先月31日には町主催の住民説明会が開かれた。地元同意は、各町議会、町長、県議会の判断をへて、杉本達治知事が最終判断する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ