PR

ニュース 経済

JR西 中間期で初の赤字 拡大路線見直し コロナ後も厳しく

 ただ、コロナ収束後も鉄道利用者は完全に回復せず、売店や飲食店、商業施設の運営などの事業も苦戦が予想され、出費を抑えることを最優先課題に挙げた。投資を抑制し、鉄道ダイヤや働き方の見直しも進める。

 鉄道ジャーナリストの梅原淳氏は「地方路線を多く抱えるJR西は、新幹線や京阪神エリアの在来線で収益を稼ぐ。その収益が落ち込めば、コストを削減するほかない」と分析する。

 一方で、長谷川氏は大阪駅西側の再開発事業や、なにわ筋線の開業計画などは変更しない方針を強調し、デジタル技術を活用した新事業の強化も進めると訴えた。これらの事業が軌道にのるかもコロナの流行次第という面もあり、当面は我慢の経営を強いられそうだ。(黒川信雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ