PR

ニュース 経済

米マイクロソフト純利益、過去最高 新型コロナ、デジタル先導

スクリーン投影されたマイクロソフトのロゴの前で端末を操作する人々(ロイター)
スクリーン投影されたマイクロソフトのロゴの前で端末を操作する人々(ロイター)

 米マイクロソフト(MS)が27日発表した2020年7~9月期決算は、純利益が前年同期比30%増の138億9300万ドル(約1兆4500億円)と、四半期ベースで過去最高を更新した。売上高は12%増の371億5400万ドル。ネットワークを通じて情報を処理するクラウドサービス事業がけん引した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業などのデジタル化加速を先導するMSの業績の好調さが際立った。ナデラ最高経営責任者(CEO)は声明で「今後10年、すべてのビジネスの業績はデジタル化の速度で決まる」と強調した。

 クラウド利用が広がり、MSの主力サービス「アジュール」は前年同期比48%増だった。ノートパソコンなどの「サーフェス」事業は37%増、ゲーム事業は30%増と、それぞれ大幅に伸びた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ