PR

ニュース 経済

コロナ禍でオンラインでの配信の札幌国際短編映画祭。10月18日はこだわりの1日限定のスクリーン特別上映会!

札幌国際短編映画祭(NoMaps実行委員会)

 特別劇場公開作品(日露地域交流年記念作品他2作品)や、日本初公開作品(松田美由紀x松田龍平の親子初共演の「アトムの血」他2作品)、17日に決定するアワード受賞作品AとBの4プログラムを上映。

 10月18日(日) 12:00(開場)特別上映会:1日限りのスクリーン上映●場所:札幌市民交流プラザ | クリエイティブスタジオ●料金:1,500円<税込>(1プログラム)*座席数約200席限定x90分x4プログラム●プログラム12:30ー1,特別劇場公開作品(3作品)15:00ー2,ジャパンプレミア(3作品)17:15ー3,受賞作品 A(受賞作品5~6作品を上映予定)19:30ー4,受賞作品 B(受賞作品5~6作品を上映予定)*チケットは各プログラムごとの販売となります。●チケットパスマーケット:オンラインチケットhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010hdk117vctm.html●チケットぴあ(Pコード 551-268)で販売中●札幌市民交流プラザチケットセンター窓口:札幌市民交流プラザ2階 10時~19時<札幌市民交流プラザの休館日を除く>電話:0570-00-3871(道新プレイガイドにて承ります。10時~18時、日曜定休)

 上映プログラムと作品内容:

12:30ー1、特別劇場公開作品

「メリーゴーランド」 MERRY GO ROUND

 メリーゴーランド

 監督:シリデ-・サカーム | Siridech Sukkam

 Fiction | Fantasy | Thailand, China | 2019 | 0:25:44 | Student Film |<オンライン非公開>

 (あらすじ)

 イーサン(タイ)の田舎に、一人の男性と暮らす二人の女性。妻には娘が二人、愛人のマリには息子が一人。夫に多額の財産がある妻はマリが憎い。マリへの策略は、復讐に歪められた筋書きだった。

「香港画」MONTAGE OF HONG KONG <特別限定上映>

香港画

 監督:堀井威久麿 | IKUMA HORII

 Documentary | Drama | Japan, Others | 2020 | 0:27:29 | <オンライン限定公開 10/14-18>

 (あらすじ)

 香港。かつて東洋の真珠と呼ばれた自由都市。1997年、香港はイギリスから中国へと返還された。現在、中国政府による支配からの解放と民主化の実現を求めて、香港全土を巻き込んだ終わりの見えない抗議活動が続いている。若者たちは何故戦うのか? 様々なかたちでデモに関わる人々の軌跡を追った。

「海を越える愛」<日露地域交流年記念・特別上映>

海を越える愛

 監督:アンドレエワ・エレーナ/アラディン・アレクサンドル/パラジュク・アントン-<劇場初公開>

 Documentary | Historyl | Russia | 2020 | 0:27:34

 (あらすじ)

 抑留中の日本人医師に命を救われた叔母を持つエレーナ・アンドレエワさんがインタヴュアーとなり、島根県の6人の日本人と沿海地方の3人のロシア人の家族の戦争の記憶を辿りつつ、新たな日露交流の姿を模索する。*日露地域交流年記念としてロシア制作のドキュメンタリー

15:00 ー2、ジャパンプレミア(日本初公開作品)

「TWILIGHT」

TWILIGHT

 監督:磯部鉄平 | Teppei ISOBE

 Fiction | Drama | Japan | 2020 | 0:19:07

 (あらすじ)

 高校時代の親友の死を引きずっているOLのユミは、一人で廃校になった母校へ足を向ける。母校には「一番大切な物に願いを書いて校舎裏に埋めると叶う」という噂があり、親友と一緒にソフトボールを埋めたことを思い出したからだ。7年ぶりに母校を訪れたユミは、校舎裏で辺り一面を掘り返す少年に出会う。

「アトムの血」ATOM'S BLOOD

アトムの血

 監督:手塚旬子 | Junko TEZUKA

 Animation | Action / Adventure | Japan | 2020 | 0:22:02

 (あらすじ)

 「アトムの血」とは、ロボットであるはずのアトムに流れていた血潮の話である。「アトムの血」とはまた、画家・黒田征太郎が敬愛してやまない手塚治虫への賛歌である。戦争が終わったばかりの街で、黒田は手塚の漫画「新宝島」に出会った。それは黒田に、絵を描くことの素晴らしさのみならず、生きることの肯定さえも訴えかけたのだ。「黒田征太郎×手塚治虫」 いま新たなアトムの物語が始まる。

 -プレスリリースより:

 主人公アトムの声を演じるのは、日本を代表する俳優・松田龍平。苦悩と希望との間で引き裂かれる 全く新しいアトム像が誕生した。 脇を固めるのは、藤竜也、藤田弓子、白竜ら、日本映画界の重鎮たち。圧倒的な存在感でアトムと向 き合った。 ナレーションを担当するのは、松田龍平の実の母親であり、女優・カメラマン・歌手活動など精力的 にクリエイティブな活動を行なう松田美由紀。本作では、主人公の声とナレーションという形で親子 初共演を果たす。 そして、これまでに黒田とのライブペインティングで数々の共演を果たしてきたドラマーの中村達也 が、自身が属するユニット MANNISH BOYS として盟友の斉藤和義(G,Vo)とともに劇中音楽を 担当。鬼才ミュージシャンたちとのスタジオ・セッションを敢行し、創造性に富んだ演奏で作品の 世界観を彩る。また、伝説的トランペッター、近藤等則が冒頭曲を提供。黒田と近藤、同志とも言う べきふたりの共演が実現した。

 ●アトムの血 プレスリリース

https://sapporoshortfest.jp/pr/2020/JP-Oremiere_Tezuka_Atom.pdf

「Someone」

Someone

 監督:河股藍 | Ai KAWAMATA

 Fiction | Drama | Japan | 2020 | 0:26:10

 (あらすじ)

 判子屋で働く裕子のもとに夫の名前が記入済みの離婚届が届く。それと向き合うことができないまま仕事へと出かけ、誰かの存在証明となる判子を作り売っている。仕事終わりに姉から甥っ子を預かるよう頼まれ、半日を共に過ごすことになるが、甥っ子との時間の中で裕子は思いがけず「母親にはならなかったこと」「戻らない夫との時間」「自身の未来」を自らへ問いかけることとなる。

 ●someone プレスリリース

https://sapporoshortfest.jp/pr/2020/JP-Premirer_03_Someone_Kawamata_PR.pdf

17:15 ー3、受賞作品 A(17日に決定したアワード受賞作品5~6作品を上映予定)

19:30 ー4、受賞作品 B(17日に決定したアワード受賞作品5~6作品を上映予定)

 (21:00 終了予定)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ