PR

ニュース 経済

日本初上陸!ローズゴンチェ精油配合の除菌・消臭スプレー「ROSE PROTECT」2020年11月15日(日)新発売

株式会社エズエス

 ウイルス活性を抑制する、話題の“柿渋エキス”も配合!

 株式会社 ez-es(エズエス、本社:東京都中央区 代表取締役:新井美月、以下当社)は、日本初上陸の希少性の高いペルシャローズの蕾から抽出したローズゴンチェ※精油と、今年9月に特定ウイルスの活性を抑制すると発表されて話題の柿渋エキス、グレープフルーツ種子などの植物由来原料で作った除菌・消臭スプレー「ROSE PROTECT」を2020年11月15日より販売開始します。※「ゴンチェ」とはペルシャ語で「蕾」の意。

 「ROSE PROTECT」は界面活性剤・防腐剤・アルコール、次亜塩素酸水フリーで、人と環境に優しい低刺激処方のスプレーです。髪や服についた臭いや、ハンカチやマスクの消臭、赤ちゃんのおもちゃの除菌などにご使用ください。保湿成分を配合しているため、乾燥を防ぎながら除菌をすることができます。

 【商品概要】

 商品名:ROSE PROTECT(ローズプロテクト)

 品名:除菌・消臭スプレー

 全成分:水、グリセリン、グレープフルーツ種子抽出物、ダマスクローズ花油、柿渋エキス

 容量:100ml

 価格:2,500円(税別)

 販路:オンラインショップ、ヴァレデローズHP、楽天、Amazonまたは「Valle des Roses(ヴァレデローズ)」をはじめとする全国のエステサロン・美容クリニック

 当社はバラの発祥の地、ペルシャ美容にこだわったヘルス&ビューティブランド「ヴァレデローズ」を2011年より展開しています。今回新発売の除菌・消臭スプレー「ROSE PROTECT」は「ヴァレデローズ」の新しいラインの商品として開発しました。

 ダマスクローズの蕾からしか採れない貴重な「ローズゴンチェ」精油を配合しており、スプレーで除菌・消臭をするたびに愛らしいローズの香りに包まれます。このような時代だからこそ、バッグに忍ばせておく除菌スプレーでも癒しの時間をお楽しみいただけます。

 【ROSE PROTECTの主な成分】

 1 ローズゴンチェ精油成分

 “ゴンチェ”とはペルシャ語で「蕾」を意味します。3000年の歴史をもつイランのペルシャダマスクローズの蕾だけを手摘みして、水蒸気蒸留した希少性の高いエッセンシャルオイルです。

 油分が少ないため、乳化剤を使用しなくても液体に混ざりやすく、爽やかな香りを放ちます。ゲラニオール・ネロールなどの芳香成分には副交感神経の働きを高めてホルモンバランスを整え、ストレスを和らげる効果があります。

 2 柿渋エキス

 柿渋エキスとは、渋柿の実を絞り取った液の柿渋の主成分である高分子ポリフェノールのことです。

 2020年9月15日に奈良医科大学の研究チームは、柿渋エキスの主成分である柿タンニンが、ウイルス表面のたんぱく質に付くことでウイルスの活性を抑制することを発表しました。

 3 グレープフルーツ種子抽出物

 グレープフルーツの種子から抽出した成分「GSE」には、防腐・除菌効果があり、食品添加物として広く使われています。

 【企業概要】

 社 名:株式会社 ez-es (エズエス)

 所在地:東京都中央区銀座 7-14-13

 ブランドHP: ヴァレデローズ http://vallee-des-roses.jp/

 代表取締役:新井美月

 ペルシャ美容家、1967年生まれ

 AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

 (一社)分子整合医学美容食育協会 ファスティングマイスター

 自身が心身を壊し、ペルシャローズウォーターに出会い回復した経験から、それまで専業主婦だった43歳の時に起業し、2011年ヘルス&ビューティブランド「ヴァレデローズ」を展開。

 生産国のイランへ渡航し、バラ農家や研究者への取材をもとにローズに関するプロダクトやエステメニュー開発、論文寄稿、セミナー等を行っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ