PR

ニュース 経済

「Save with Art」ポスターデザイン公募 入賞作品決定・作品展開催のお知らせ

特定非営利活動法人 難民を助ける会

 -世界の難民・避難民を新型コロナウイルスから守ろう-

 特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR Japan)は10月16日、感染拡大が続く新型コロナウイルスから世界8,000万人の難民・避難民の命を守ることを呼び掛けるポスターデザイン公募「“SOS難民キャンプ!”世界の難民・避難民を新型コロナウイルス感染症から守ろう~Save with Artポスターデザインコンテスト」(協賛:日本ロレックス、後援:外務省、社会福祉法人さぽうと21)の入賞作品を発表いたしました。

最優秀賞 坂東栄里佳さんの作品

 8月1日~10月3日の期間中に国内外6カ国から応募があった156点について、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏、宝塚歌劇団・脚本家/演出家の植田景子氏、東京大学名誉教授の小林康夫氏をはじめとする審査員による厳正な審査の結果、坂東栄里佳さん(埼玉県)の作品が最優秀賞に選ばれました。入賞作品はAARが活動するバングラデシュ、ウガンダなどの難民キャンプ・難民居住地域に掲示し、感染防止の注意喚起を呼び掛けるほか、web上の特設サイトでの展示も予定しています。

 また、全応募作品の展示会を下記の通り開催します。皆さまのご来場をお待ちしております。

「Save with Art ポスターデザイン公募作品展

 -世界の難民・避難民を新型コロナウイルスから守ろうー」

【期間】12月1日(火)~12月26日(土)

 【会場】ギャラリーてん(東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館8階)

 月~金 10時~18時、土 12時~18時、日曜原則旧廊 入場料無料

 電話:03-3572-2231(エフケイ株式会社内)

 難民を助ける会(AAR Japan)とは:

 難民を助ける会(AAR Japan、理事長:長有紀枝)は1979年に、インドシナ難民を支援するために、 政治・思想・宗教に偏らない市民団体として設立しました。国内外を問わず、支援から取り残されがちな人々を優先して支援活動を実施しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ