PR

ニュース 経済

「北國おまかせNavi」定期受取機能の取り扱い開始について

ウェルスナビ株式会社

 株式会社北國銀行(頭取 杖村修司)とウェルスナビ株式会社(代表取締役CEO 柴山和久)は、10月16日(金)より、資産運用サービス「北國おまかせNavi」の新機能として、定期受取機能の提供を開始いたします。

 これは運用資産から毎月1回の定額受取を可能にする新機能です。「運用は継続しながら一部を受け取る」ことで、資産寿命を延ばしたいというお客さまのニーズの実現を目指します。

 お客さまがライフプランに応じて将来に渡って安心して豊かな生活が送れる一助となるよう、引き続きサービス改善に取り組んでまいります。

1.定期受取機能取り扱い開始日

 2020年10月16日(金)

2.定期受取機能の概要

 (1)「北國おまかせNavi」で運用しながら毎月一定金額を受取

 ・運用資産から毎月自動で定額を売却し、出金時振込口座へ入金します

 ・売却時も保有ポートフォリオの自動最適化を行います

 (2)資産評価額300万円以上でご利用可能

 ※資産評価額が300万円未満の場合や、積立設定がある場合はご利用できません

 (3)毎月の受取金額は3万円以上1円単位で設定可能

3.「北國おまかせNavi」のサービス概要

 ※詳細は北國銀行ホームページをご覧ください。https://www.hokkokubank.co.jp/customer/omakase-navi/index.html

 【北國おまかせNaviの取引に関する手数料・費用とリスクについて】

 「北國おまかせNavi」の取引は、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場、その他の指標の変動等により損失が生じ、また投資元本が割り込むおそれがあります。

 ご利用の際は、事前に契約締結前交付書面等を十分にお読みください。

 金融商品等の取引に関するリスクと費用

 (https://www.wealthnavi.com/policy/rule/01-hybrid

 株式会社北國銀行 登録金融機関

 北陸財務局長(登金)第5号

 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

 ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者

 関東財務局長(金商)第2884号

 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ