PR

ニュース 経済

NTT 分身ロボベンチャーのオリィ研究所と資本業務提携 

全長1メートル20センチの分身ロボ「オリヒメD」(オリィ研究所提供)
全長1メートル20センチの分身ロボ「オリヒメD」(オリィ研究所提供)

 NTTは15日、分身ロボットベンチャーのオリィ研究所(東京都港区)と資本業務提携したと発表した。オリィの発行済み株式の約14%を取得。携帯電話の次世代通信規格(5G)や次世代光通信網「IOWN(アイオン)」でも分身ロボが遅延なく動作するかを、両社で検証する。次世代通信網の活動事例を具体化させることで、将来の利用者獲得につなげる。

 NTTは7月から受付にオリィ研究所の分身ロボ「オリヒメ」を配置。2人の障害者が自宅から遠隔で操作し、業務にあたっている。NTTはこの分身ロボをグループ各社の受付にも順次導入させる。またNTTドコモの携帯電話販売店で開催しているスマートフォン(高機能携帯電話)の講習会でも活用する。さらに法人営業の部門でオリヒメを販売する。

 NTTの澤田純社長は同日のオンライン会見で「コロナ禍でリモートワークが(遠隔勤務)当たり前になり、存在を意識しながら他者に伝える技術が求められている」と、グループとしての提携の意義を強調したうえで、「ICT(情報通信技術)で新たな可能性を見出したい」と語った。

 分身ロボットの活用で障害者1万人の雇用創出を目指すべき世界観として掲げているオリィ研究所の吉藤健太朗社長も「高速インターネットの活用が私たちの目指す世界を後押ししてくれる」と期待を寄せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ