PR

ニュース 経済

最高裁判断、企業側に安堵の声 非正規社員の待遇改善も

非正規労働者側が正社員側との待遇格差是正を求めた訴訟で、最高裁判決を受け、最高裁前で掲げられた「不当判決」などと書かれた垂れ幕=13日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
非正規労働者側が正社員側との待遇格差是正を求めた訴訟で、最高裁判決を受け、最高裁前で掲げられた「不当判決」などと書かれた垂れ幕=13日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 非正規社員に対するボーナスや退職金などの不支給が不合理な格差といえるかどうかが争われた訴訟で、最高裁は不支給が不合理とはいえないとの判断を示した。非正規社員を抱える企業などからは、安堵(あんど)の声が聞かれる一方、非正規社員が戦力として不可欠な現場では人員確保に向けた待遇改善が進んでおり、冷静な受け止めが目立った。

 「(成果などを一時的に反映した)ボーナスと賃金は性格が違うもの。(判決は)しかるべきといえるのでは」。経済同友会の桜田謙悟代表幹事は13日の定例会見で、大阪医科大のアルバイト職員が求めた訴訟の判決について最高裁の判断に理解を示した。

 大阪府内で数店舗を展開する中小飲食チェーンの人事担当者は「これまでも時給をギリギリまで上げ、なんとかアルバイトなどを採用してきたが、今は新型コロナウイルスで売り上げが落ちている。非正規社員にもボーナスなどを出さなければならないなら、雇用継続は難しい」と話す。

 一方、多くの自動車製造現場では、必要な人員確保のために非正規社員の待遇改善が進んでいる。ある大手メーカーは雇用期間、収入、生活スペースなどが契約で保証されており、「正規従業員よりも実入りがいい場合もある」と、訴訟で争われた内容と実情の違いを強調する。

 食品スーパーのライフコーポレーションは以前からパートに賞与を出し、中でも正社員を代行できる「アソシエイト」には勤続10年以上の退職時に「感謝金」名目の一時金を支給する。大手スーパー関係者は「店によって規模なども違うので、退職金やボーナスは会社側が決められた方がいいとは思う。即戦力のパートは現場で一目置かれており企業努力も進んでいる」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ