PR

ニュース 経済

ほっともっと、中間決算の赤字16億円 過去最大

 持ち帰り弁当店「ほっともっと」を展開するプレナスが9日発表した令和2年8月中間連結決算は最終損益が16億円の赤字(前年同期は8億円の赤字)だった。中間決算として、平成14年の株式上場以降で過去最大の赤字額となった。

 売上高は前年同期比10・0%減の681億円。新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり需要」を取り込んだほっともっと事業は既存店売上高が3・3%増加したが、定食チェーン「やよい軒」事業は外出自粛の影響で客足が鈍り、既存店売上高が28・6%減少した。

 3年2月期の連結業績予想は、売上高が前期比7・0%減の1390億円、最終損益は30億円の赤字とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ