PR

ニュース 経済

連合会長、来年春闘へ賃上げ要求 コロナ禍でも「毎月の賃金引き上げ」を

会見する連合の神津里季生会長
会見する連合の神津里季生会長

 労働組合の中央組織である連合の神津里季生会長は2日の中央委員会で、来年の春闘に関して、「雇用の問題と賃上げを二律背反でとらえるべきでない」と述べた。新型コロナウイルス感染拡大を受けて、経営側が雇用を維持することを理由に賃上げに消極的になる中、あくまで賃上げを強く求めていく姿勢を明確にした形だ。

 神津氏は毎月の賃金について、「一人一人の生活を支えるだけでなく経済の持続性を確保するうえで重要な意味を持つ」と強調。特に中小企業やパートなどの非正規雇用の賃上げで、格差是正を進めたいと強調した。一方、世界経済や労働市場の現状については、「深刻な状況にある」との認識も示した。

 今回の中央委員会は感染拡大防止のため、初めて東京都内の会場と各地をオンラインで結ぶ方式での開催となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ