PR

ニュース 経済

マイナポイント事業に関する意識調査を実施 過半数が「マイナポイントの予約を行っていない」一方、 約4割が消費促進・キャッシュレス決済定着に向けた国主体の事業を「今後も期待する」

エイチーム

 株式会社エイチームのグループ会社で、お金の不安を解消するための様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、18歳から70歳の男女441名に、「マイナポイント事業に関する意識調査」を実施しました。調査の結果、今回のマイナポイント事業については8月時点で「予約を行っている」人が約2割と少ないことがわかりました。一方で、今後も消費の促進やキャッシュレス決済の定着を狙いとする取り組みの実施を期待する声は多く、簡便な仕組みの事業が実施されれば、さらに消費の促進とともにキャッシュレス決済の定着が進むのではないかと推測される結果がみえてきました。https://navinavi-creditcard.com/report-200930-3390

■調査概要

 調査方法:インターネットによる調査、調査対象:全国にお住まいの18歳-70歳の男女

 調査期間:2020年8月21日~8月22日、調査エリア:全国、サンプル数:441名

■8月時点でマイナポイント事業の「予約を行っていない」人が過半数

 2020年8月下旬時点で、既にマイナポイントの予約を行ったかを聞いたところ、「予約を行っていない」人が約6割、「予約を行った」人は約2割でした。

 マイナポイントに関するTVCMなども放送されて7月から予約が始まっており、9月の事業開始目前のタイミングであったにも関わらず「マイナポイント事業について知らない」という人が約2割もいる結果になりました。

■予約しなかった理由は、マイナンバーカードを作ることに抵抗があった/面倒くさかったが5割

 マイナポイントの予約しなかった理由を聞いたところ、最も多かった理由は「マイナンバーカードを作ることに抵抗があった/面倒くさかった」で、50%でした。

 次いで、「予約の手順が複雑で分かりにくかった」が20.5%、「事業内容に魅力を感じなかった」が18.1%、「その他」が11.4%でした。

■マイナポイントに紐づけるサービスには、元々利用しているサービスを選んだ人が64.4%!

 マイナポイント事業の予約を行ったと答えた人に対して、「マイナポイントに紐づける決済サービスは、どのような基準で選びましたか」と聞いたところ、最も多かったのは「元々利用しているサービスを選んだ」が64.4%。

 次いで、「マイナポイント事業に即したキャンペーンを実施しているサービスを選んだ」が25%、「今後も継続して活用できそうなものを選んだ」が8.7%でした。

■マイナポイント事業によって「消費が増える予定はない」が41.3%

 マイナポイント事業の予約を行ったと答えた人に対して、「マイナポイント事業によって消費が増える予定があるか、または既に増えているか」を聞いたところ、「いいえ」と答えた人が41.3%と最も多く、次いで「はい」と答えた人が34.6%、「わからない」と答えた人は24.1%でした。

■今後も国が主体となる、消費の促進やキャッシュレス決済の定着を狙いとする事業の実施を期待する人は43.5%!

 今後も国が主体となる、消費の促進やキャッシュレス決済の定着を狙いとする取り組みの実施を期待するか聞いたところ、「はい」43.5%、「いいえ」30.2%で、今後も期待するという声が最も多くなりました。

■エイチームフィナジーについて

 エイチームフィナジーは、専門知識がないと難しい金融商品の比較サイトや、日常でかかるお金の負担を減らすための情報を提供するWebサイトなどを展開し、お客さまのお金に対する不安と課題を解決する金融領域を中心に有益なサービスを多数提供しています。

https://finergy.a-tm.co.jp/

■会社概要

 会社名: 株式会社エイチーム(Ateam Inc.)

 所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F

 代表者:代表取締役社長 林高生

 設立:2000年2月29日

 資本金:837百万円(2020年9月末時点)

 事業内容:人生のイベントや日常生活に密着した様々なウェブサービスを提供する「ライフスタイルサポート事業」、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供する「エンターテインメント事業」、自転車専門通販サイトを運営する「EC事業」の3つの軸で事業を展開する総合IT企業

 URL:https://www.a-tm.co.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ