PR

ニュース 経済

ディズニー2万8千人削減 コロナ禍の休園響く

米フロリダ州のディズニー施設の入り口=7月(AP)
米フロリダ州のディズニー施設の入り口=7月(AP)

 【ワシントン=塩原永久】米メディア・娯楽大手のウォルト・ディズニーは29日、新型コロナウイルス対策で休園した米国のテーマパーク事業を中心に、2万8千人の従業員を削減すると発表した。休園が長引いて収支が悪化しており、同社幹部は「人員を減らす非常に難しい決断をした」との声明を発表した。

 声明によると削減対象者の約3分の2がパートタイムの従業員。テーマパーク事業の従業員数は11万人程度という。削減対象者には客船事業なども含まれる。

 ディズニーは新型コロナ感染拡大の防止策として3月に米国内のテーマパークを休園した。南部フロリダ州のテーマパークで7月から段階的に再開したが、西部カリフォルニア州では保健当局が経済活動の再開に慎重姿勢を示しており、テーマパークの再開時期が決まっていない。

 声明は「州が営業規制の撤廃に及び腰であることで(状況が)悪化している」と州当局の対応に不満をにじませた。

 ディズニーは休園対応の影響で収益が悪化し、2020年4~6月期決算は47億2100万ドル(約5千億円)の最終赤字と約19年ぶりに損失を計上した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ