PR

ニュース 経済

有名ブランドのケーキを全国に宅配 阪急うめだ本店が開始

阪急百貨店が始めるケーキ宅配向けに「アンリ・シャルパンティエ」のシェフが監修したケーキ(阪急阪神百貨店提供)
阪急百貨店が始めるケーキ宅配向けに「アンリ・シャルパンティエ」のシェフが監修したケーキ(阪急阪神百貨店提供)

 阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)は24日、冷凍したホールケーキを全国へ宅配する百貨店初の新事業「CAKE LINK」を10月1日に始めると発表した。

 同店では昨年10月、大阪市など地域限定で生ケーキの宅配を始めたが、新型コロナウイルスの影響による外出自粛などでニーズが高まっていることから、冷凍にすることで一部離島を除く全国に配送エリアを広げる。さらに冷凍では取り扱いのない有名ブランドのケーキをそろえ、差別化を図る。

 1ブランド5種類から事業を始め、来年度中に10ブランド30種類に増やす計画。令和4年度に10億円の売り上げを目指す。阪急阪神百貨店・フード新規事業開発部の橋本政人ディビジョンマネージャーは「洋菓子ブランドとのネットワークを生かし、ギフト市場の開拓にもつなげたい」と意気込む。

 第1弾は洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」の有名シェフが監修したケーキで、3996~5940円(税込み)。送料は全国一律990円(同)。阪急百貨店の公式通販サイトで注文を受け付ける。追加されるブランドはデパ地下の人気店や全国の高級洋菓子ブランド、ホテル、キャラクターなどを予定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ