PR

ニュース 経済

ドコモ口座被害、底なし沼 責任押し付け合い

一部銀行との連携停止を示す「ドコモ口座」のウェブ画面=21日、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
一部銀行との連携停止を示す「ドコモ口座」のウェブ画面=21日、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 ドコモは「防犯上の理由」とするが、サイバーセキュリティーに詳しい神戸大大学院の森井昌克教授は「情報は犯人が一番持っていて、公開を控えても意味がない。むしろ情報をオープンにして人々に注意を促し、協力を得ることが先決だ」と苦言を呈する。

 ゆうちょ銀が15日に5事業者の被害を明らかにしたのも、高市早苗前総務相が同日の記者会見でその事実を明らかにしてからだ。

 今回、ドコモの吉沢和弘社長を含め企業のトップは、謝罪や説明のための会見にはほとんど出席していない。高市氏は16日の退任会見で「失敗や不祥事が起きたときに全ての組織に求められることは、位の高い人が出てきて謝罪をする、説明することだ」と指摘。その上で「その効果は地位に比例し、時間に反比例する」と述べ、各社トップの姿勢や消極的な情報公開を痛烈に批判した。(高木克聡)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ