PR

ニュース 経済

労組の救済申し立てを却下 栃木・佐野サービスエリア売店

 栃木県労働委員会は17日、佐野市の東北自動車道佐野サービスエリア(SA)の売店などを運営していた「ケイセイ・フーズ」(同市)が、組合員に自発的な退職を迫ったことが不当労働行為に当たるとする労働組合の救済申し立てを却下した。

 県労働委員会によると、救済申立日は昨年12月2日。労働組合法の規定に適合する団体かどうかを審査するための書類提出を組合に求め、今年7月と8月には、提出がなければ申し立てを却下すると通知したが、書類が提出されなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ