PR

ニュース 経済

日商・三村会頭、新政権に「不確実の時代に強く豊かな国を」

日本商工会議所の通常会員総会であいさつする三村明夫会頭=17日午前、東京都千代田区
日本商工会議所の通常会員総会であいさつする三村明夫会頭=17日午前、東京都千代田区

 日本商工会議所は17日、東京都内で通常会員総会を開いた。冒頭、三村明夫会頭が16日に誕生した菅新政権への要望として、「コロナ禍で、強く豊かな国でなければ国民は救えないことを学んだ。自然災害や新たなパンデミックなど不確実な時代には、戦略的ゆとりを組み込んだビジョンが必要だ」と述べた。

 さらに三村氏は、コロナによって東京一極集中のリスクやコストが問題視され始めたことに関し、「地方創生に真剣に取り組む好機」とした。その上で、「地方分散型社会の実現に向けたリーダーシップを発揮すべきだ」と語り、全国の商工会議所に自治体との連携など取り組みの強化を求めた。

 総会は、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、各商工会議所の会頭が実際に来場したほか、オンラインでの参加も認めるなどハイブリッド方式での開催となった。例年は、首相が来場し、政策への協力を求めるが、今回は新政権発足直後のため来場は見送られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ