PR

ニュース 経済

【銀座 蔦屋書店】仏師 加藤 巍山が"麒麟"を彫るーチャリティプロジェクト「瑞光-新しい時代の兆し-」を10月1日(木)よりスタート

CCCアートラボ株式会社

 当プロジェクトは、未曾有の災害や感染症により苦しむ人々を応援するチャリティプロジェクトです。

 銀座 蔦屋書店(東京都中央区)は、仏師で彫刻家の加藤巍山(かとうぎざん)とともにチャリティプロジェクト「瑞光-新しい時代の兆し-」を、10月1日(木)よりスタートいたします。現在、国内外で注目を集めている 加藤巍山が未来への希望と平穏なる世を願って彫る新作「瑞光」、その制作過程をレポートし、さらにオンラインオークションで販売し収益の一部を日本赤十字へ寄付します。

 このプロジェクトは、吉兆をあらわす瑞獣"麒麟"の彫刻作品「瑞光」を、仏師である加藤 巍山(かとうぎざん)が希望と平穏を願って制作し、その想いや制作過程を動画配信などでリポート、オンラインオークションにて販売を行い収益の一部を日本赤十字社に寄付するプロジェクトです。

 加藤は2017年から5都市の美術館を巡回した「驚異の超絶技巧!展」に、作品を出品した事でも注目を浴び、その高い技術と表現力は誰もが認めるところです。また、この秋に開催される「CHRISTIE’S Japanese and Korean Art」において、現存作家としてはじめて参加し、カタログの表紙に起用されるなど、世界的にも評価が高まっています。

  チャリティプロジェクト「瑞光-新しい時代の兆し-」について

現在、未曾有の自然災害、感染症、国際的な衝突など様々な社会問題に世界は脅かされています。

 「宗教や時代を超えた普遍的な祈り」をテーマとして彫刻を制作をする仏師で彫刻家の加藤 巍山がこの困難な時代を乗り越えていく象徴として、未来への希望と平穏なる世を願い令和の“麒麟”の制作を行います。

 現在、銀座 蔦屋書店は、加藤 巍山の彫刻作品に、"伝統的な仏教美術"と、"現代アートとしての彫刻表現"の融合による今までにない可能性を感じ、店頭でも加藤の作品をご紹介しており、本プロジェクトをともに立ち上げることになりました。

 ひたむきに彫り続ける彼の彫像の世界を、今回のプロジェクトでも日本内外のアートファンに広くご提案をしたいと考えています。

オンラインオークションとチャリティについて

■オンラインオークションについて

 形式:サイレントオークション

 期間:10月1日~12月31日

 ※作品はこれから制作に着手し、2021年夏に完成予定です。

特設ページ:https://store.tsite.jp/ginza/blog/humanities/15856-1350540911.html

 ※オークションに関する詳細は上記特設サイトに近日中に公開予定です。

 【サイレントオークションとは?】

 従来のオークションのように金額をその場で競り合うのではなく、他の方の入札金額や自分の入札金額は公表されません。期間中に下記の特設サイトより、自分の入札金額をメールにて送信していただき、最高金額を入札された方が落札者となります。

■チャリティについて

 売り上げの10%を日本赤十字社に寄付し、災害時の医療救護体制の強化や新型コロナウィルスなどの感染症拡大防止への対応、防災・減災の普及啓発やボランティアの育成などに役立てていただきます。

今回制作される麒麟像「瑞光」について

 麒麟は1,000年も生きると言われる神聖な幻の動物です。性質は非常に優しく、足元の虫や植物を踏むことを厭い、いかなる生命をも傷つけない。そのために地に足を下ろさず、常に空を翔けています。本来、「麒麟」には翼は生えていませんが、江戸・東京 日本橋の橋の上に鎮座する「麒麟像」は実は翼を生やしています。これは日本橋に麒麟像がつくられる際に、日本橋は日本全国の道路の起点であり、"ここから飛び立つ"という意味を込めて翼がつけられましたと言われています。今回制作する加藤の麒麟像「瑞光」も、人類が希望ある未来へ飛翔することへの願い込めて翼をつけます。

作品詳細

 作品名:瑞光(ずいこう)

 作家:加藤 巍山

 高さ:55cm

 材:楠

 お取り扱い店舗:銀座 蔦屋書店

 販売方法:オンラインオークション

 ※作品はこれから制作に着手し、2021年夏に完成予定です。

 特設ページ:https://store.tsite.jp/ginza/blog/humanities/15856-1350540911.html

アーティストステートメント

 私は私の彫刻(仏像)を彫り続けることによって

 生きることとは何かを探究しているようにも思えます。

 一つのことに専心するということは真理を求めることに他なりません。

 一つのことを知るということは自分を知るということ。

 自分を知るということは世界を知るということ。

 世界を知るということは宇宙を知るということです。

 それは普遍です。

 美醜を越えたものです。

 だから私は彫り続けるのです。

 それが私の役割です。

 加藤 巍山

アーティストプロフィール

 加藤 巍山(かとうぎざん)

 1968年、東京・本所両国に生まれる。 高村光雲より五代。

 儀軌に準拠した仏像を制作する一方、日本の古典や歴史、仏教や神話を題材とした作品を制作。歴史や伝統、文化、民族に根差した「日本の美意識」 と「仏師」であることに立脚しながら祈りの根源を探求し普遍的な美を求む。

店舗情報

 銀座 蔦屋書店

 銀座 蔦屋書店は、本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。世界中から集めたアートブックに出会えるブックフロア、オークションカタログやアート系雑誌のバックナンバーが読めるカフェ。伝統工芸の粋を集めた?剣・日本美術コーナーや、銀座蔦屋書店オリジナルの万年筆やインクに出会える文具フロア。また、イベントや展覧会を体験できるアトリウムギャラリーなど、訪れる人が思い思いにアートを楽しめる空間をご用意しております。

 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F

 電話番号: 03-3575-7755

 営業時間:店舗ホームページをご確認ください。

 ホームページ: https://store.tsite.jp/ginza/

 Facebook: https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks

 Twitter: https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA

 Instagram: https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ