PR

ニュース 経済

世界最大級の〈知の殿堂〉。その知られざる舞台裏を描き劇場大ヒットを記録した、映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』が本日ブルーレイ&DVD発売!

株式会社ポニーキャニオン

 世界で最も有名な図書館のひとつ、ニューヨーク公共図書館。

 その知られざる舞台裏を巨匠フレデリック・ワイズマン監督が描き出した、3時間25分にも及ぶ大作ドキュメンタリー『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』が、本日9月16日(水)にブルーレイ&DVD発売となった。

 本作は昨年5月18日より劇場ロングラン公開し、大ヒットを記録した話題作。先月からデジタル配信が先行でスタートし、本日ついにブルーレイ&DVDの発売を迎えた。

 本作の主役である”ニューヨーク公共図書館”とは、マンハッタン、五番街と42丁目との交差点に位置し、荘厳なボザール様式建築によって観光名所としても名高い本館と、研究目的のために公開されている4つの研究図書館、そして地域に密着した88の分館を合わせた92の図書館のネットワークである。

 人文科学、社会科学、及び、美術において世界有数の蔵書を誇り、総計6,000万点ものコレクションが所蔵されている。

 この世界最大級の〈知の殿堂〉は、世界中の図書館員の憧れの的であり、NY有数の観光スポットでもある。数々の映画やカルチャーでもたびたび登場し、近年日本でもTVアニメ「BANANA FISH」の印象的な場面として取り上げられたり、映画では『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中で死闘が繰り広げられる場として登場する等、常に広い世代から関心を集めている。

 文学、芸術などの分野でも多くの人材を育て、またNY市民の生活に密着した敷居の低い図書館の、我々の固定観念を打ち壊す活動とはいったいどういうものだろうか。

 本作では、リチャード・ドーキンス博士、エルヴィス・コステロやパティ・スミスなど著名人も多数登場するが、カメラはさらに図書館の内側の、観光客は決して立ち入れない<STAFF ONLY>の舞台裏を見せていく。司書やボランティアの姿、幹部たちの会議・・・本作でしか見られない図書館の真の姿は必見だ。

 監督は、2016年にアカデミー名誉賞を受賞したドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマン。まさに“生ける伝説”であるワイズマンがこの図書館が世界で最も有名である理由を示し、公共とは、民主主義とは何かを伝える。

 この度発売となったブルーレイには、初回限定特典としてゴールドのシンプルで荘厳なデザインのアウターケースと、32Pのブックレットが付属する。ブックレットには本編のガイドとして役立つ内容となっており、本館のマップや登場人物、内容解説、監督のインタビュー等が掲載されている。ブルーレイは1枚組で、DVDは本編を2枚に分けた2枚組となっている。

 なおデジタル配信は各種プラットフォームで実施中だ。

 市民の生活に根付いたその存在からは、現在進行形の文化の形が見えてくる。我々の住む街の未来の姿や、またビジネスにおいてもエキサイティングなヒントとなるかもしれない。

 また、現地に行くのが難しい昨今でニューヨークという街を存分に楽しむことができるのも本作の魅力。

 芸術の秋、自宅で本作を楽しんでみてはいかがだろうか。

 本作は現代の名作を紹介する、映画グルメのための名画コレクション<シネマ・スペシャリテ 映画美食宣言>の一本としても展開中だ。

 【Blu-ray&DVD・デジタル配信サイトURL】

https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item089/

 【配信サービスまとめURL】

https://Movie.lnk.to/nyplPR

 【作品公式Twitter URL】

https://twitter.com/wiseman_japan

 【シネマ・スペシャリテ 映画美食宣言】

https://v.ponycanyon.co.jp/eigabishoku/

 【ストーリー】

 世界中の図書館員の憧れの的であり、NY有数の観光スポット。

 文学、芸術などの分野でも多くの人材を育て、またNY市民の生活に密着した敷居の低い図書館。

 我々の固定観念を打ち壊すその活動とは-。

 この世界で最も有名な図書館ニューヨーク公共図書館(NYPL)とは、マンハッタン、五番街と42丁目との交差点に位置し、荘厳なボザール様式建築によって観光名所としても名高い本館<スティーブン・A・シュワルツマン・ビル>と、研究目的のために公開されている4つの研究図書館、そして地域に密着した88の分館を合わせた92の図書館のネットワークである。1911年に本館が竣工し、アンドリュー・カーネギーらの寄付により、各所に分館を増設してきた。人文科学、社会科学、及び、美術において世界有数の蔵書を誇り、総計6,000万点ものコレクションが所蔵されている。利用は原則として無料であり、ニューヨーク市に在住あるいは勤務している者であれば誰でも会員になることができる。 名称に「パブリック(public)」と入っているが、独立法人であり、財政的基盤は市の出資と民間の寄付によって成り立っている。ここでいうパブリックとは「公立」という意味ではなく、「公共」(一般公衆に対して開かれた)という意味に当たる。

 【スタッフ】

 監督・録音・編集・製作:フレデリック・ワイズマン

 撮影:ジョン・デイヴィー

 製作総指揮:カレン・コニーチェク

 【商品情報】

 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

 2020年8月19日 先行デジタル配信開始

 2020年9月16日 ブルーレイ・DVD発売

 <Blu-ray>

 品番: PCXP.50788

 価格:¥6,800(本体)+税

 音声:1.オリジナル(英語)Dolby True HD Advanced 96k Upsampling 2.0ch モノラル

 字幕:1.日本語字幕

 収録時間:本編205分+特典映像

 初回限定特典:

 特製アウターケース、ブックレット(32P)

 特典映像:

 劇場予告編

 <DVD>

 品番:PCBP.12407

 価格:¥5,800(本体)+税

 音声:1.オリジナル(英語) Dolby Digital 2.0ch モノラル

 字幕:1.日本語字幕

 収録時間:本編205分+特典映像

 特典映像:

 劇場予告編

 発売元・販売元:ポニーキャニオン

 提供:ミモザフィルムズ、ムヴィオラ

 (C)2017 EX LIBRIS Films LLC - All Rights Reserved

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ