PR

ニュース 経済

三井不動産が85億円ベンチャーファンド

 三井不動産は16日、ベンチャー企業に投資する総額85億円規模のファンド(基金)を、ベンチャーキャピタル(VC)大手のグローバル・ブレイン(東京都渋谷区)と共同で立ち上げたと発表した。本業の不動産分野の強化と事業領域の拡大を、ベンチャー企業のもつ新たな技術やサービスを取り込むことで図る。三井不動産によるベンチャーファンドは3本目。

 新ファンド「31ベンチャーズグローバルイノベーションファンド2号」は運用期間が10年。デジタル技術による不動産業の変革(デジタルトランスフォーメーション、DX)などに役立つ技術やサービスを手がける、創業初期のベンチャー企業に投資する。モビリティー(移動体)や宇宙、食品、農業、エンターテインメントの分野にも重点を置く。

 同日のオンライン会見で、三井不動産の金谷篤実ベンチャー共創事業部長は「新型コロナウイルス禍においてもベンチャー企業とともに新産業の創造を加速し、社会課題の解決に寄与していきたい」と述べた。

 平成27年に50億円規模で立ち上げた1号ファンドからは、後付け型スマートロック端末を手がけるフォトシンス(同港区)など41社に投資。さらに30年には、ミドルと呼ばれる成長期以降のベンチャー企業を投資対象とした300億円規模もファンドも立ち上げている。3本合わせたファンドの規模は435億円に達し、事業会社のベンチャー企業投資事業としては、国内最大級の規模となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ