PR

ニュース 経済

血中酸素濃度を測れるアップルウオッチ、最先端の半導体iPadエア…新製品発表

米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」(同社提供・共同)
米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」(同社提供・共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=塩原永久】米アップルは15日、新製品のオンライン発表会を開いた。血中酸素濃度が計測できる腕時計型端末「アップルウオッチ」や、最先端の半導体を搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)エア」を披露。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新製品発表はなかった。

 アップルウオッチの新製品「シリーズ6」は装着した状態で15秒でセンサーが酸素濃度を計測する。4万2800円(税別)から。価格が2万9800円からの廉価版「SE」も投入する。いずれも18日発売。

 通信機能付きのタイプでは、親のアイフォーンでアップルウオッチを着けた子供の位置情報が把握できるなど、家族間で情報を共有できる機能を強化した。

 アイパッドエアはアップル製品で初めて半導体の回路線幅5ナノメートル(ナノは10億分の1)の中央演算処理装置(CPU)を採用した。映像の高速処理が可能になり、高精細なビデオゲームを楽しめるという。画面サイズを10・9インチと従来機より大型にした。6万2800円からで10月の発売。

 タブレット端末「アイパッド」の新型も9月18日に発売。専用ペンを使った手書きの使い勝手を向上させた。3万4800円から。

 新型コロナウイルス感染拡大で在宅勤務や遠隔授業が広がり、アイパッドの需要が高まっている。クック最高経営責任者(CEO)は、初号機出荷から10年で世界販売台数から5億台に達したと明らかにし、アイパッド事業を「引き続き強化していく」と述べた。

 アップルは例年9月にアイフォーンの新製品を公開してきた。コロナ禍の影響で生産が遅れており、発表が10月以降にずれ込むとの観測がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ