PR

ニュース 経済

日立、英原発撤退へ 昨年1月に計画凍結…官民一体の輸出瓦解

日立製作所本社=東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)
日立製作所本社=東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)

 日立製作所が昨年1月に凍結を発表した英国の原発新設計画に関し、撤退する方針を固めたことが15日、分かった。昨年段階で事実上の撤退方針を示す一方、英政府の支援拡大も模索していたが、交渉に大きな進展がみられなかった。将来の事業リスクを背負いきれず、再開は不可能と判断した。取締役会で近く決定する。

 日本政府が成長戦略の柱と位置付け、官民一体で進めてきた原発輸出は瓦解することになる。英BBC放送は15日、日立が原発立地予定の自治体に撤退を通知したと報じた。英原発事業費は安全対策コストがかさみ、当初計画に比べ1・5倍の3兆円規模に拡大していた。

 投資を回収する前提になる売電価格など条件面で最後まで英政府と折り合いがつかず、他の民間企業の出資も見込めなくなっていた。日立関係者は、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱や新型コロナウイルス感染拡大で、英政府との協議が停滞していたことも背景と指摘している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ