PR

ニュース 経済

シャープのマスク「小さめ」も発売 ラインアップ強化

シャープが発売する女性や子供向けサイズの不織布マスク(同社提供)
シャープが発売する女性や子供向けサイズの不織布マスク(同社提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 シャープは14日、新型コロナウイルスの感染拡大で3月から生産を始めた不織布マスクについて、新たに女性や子供向けサイズを発売すると発表した。すでに発売しているマスクと同様に、同社の電子商取引(EC)サイト「ココロストア」で抽選販売する。14日から注文を受け付けている。

 「小さめサイズ」は縦9・5センチ、横幅14・5センチで「ふつうサイズ」に比べて横幅を3センチ短くした。顧客からの要望を受け、幅広い年代の需要に応えるためラインアップに加えた。

 初回は1箱50枚入り(送料・税込み3938円)で5千箱を用意し、1人に付き1箱を販売。ふつうサイズとは別に応募する必要がある。23日に抽選し、当選者には順次メールで連絡する。

 シャープのマスクは4月に発売してから毎週1回の抽選販売を行い、これまでに20回で計約890万件の応募があった。ECサイトでは壁や床に抗ウイルス効果を与える光触媒スプレーなどを発売しており、広報担当者は「今後も健康分野の商品を強化し、社会に貢献していきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ