PR

ニュース 経済

英アーム4・2兆円で売却 ソフトバンクG、米社に 財務改善へ資金化

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
その他の写真を見る(1/2枚)

 ソフトバンクグループ(SBG)は14日、保有する英半導体開発大手アームの全株式を最大400億ドル(約4兆2千億円)で米半導体大手エヌビディアに売却すると発表した。売却で得た資金で財務改善を図るとともに、売却資金の一部をエヌビディアの株式で受け取り同社の主要株主となることで、SBGの企業価値を向上させたいとしている。

 取引完了は2022年3月ごろの予定で、SBGはエヌビディア株の約6・7~8・1%を保有することになる見通し。今後はエヌビディアの主要株主としてアームに関わる。

 SBGの孫正義会長兼社長は「エヌビディアはアームにとって理想的なパートナーだ」とコメント。今後も「当社がエヌビディアの主要株主として、アームの長期にわたる成功に投資していくことをうれしく思う」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ