PR

ニュース 経済

入金停止22行に拡大 ドコモ口座不正引き出し 十六銀、静岡銀など

会見で頭を下げるNTTドコモの丸山誠治副社長(中央)。左はウォレットビジネス部長の田原務氏、右は常務執行役員マーケティングプラットフォーム本部長の前田義晃氏=9月10日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
会見で頭を下げるNTTドコモの丸山誠治副社長(中央)。左はウォレットビジネス部長の田原務氏、右は常務執行役員マーケティングプラットフォーム本部長の前田義晃氏=9月10日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 NTTドコモは14日までに、電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を使った不正な預金引き出し問題で、連携している35銀行のうち13日午後7時時点で22行が既存のドコモ口座へのチャージ(入金)を停止したことを明らかにした。11日午前10時時点の18行から拡大した。

 新たに停止したのは十六銀(岐阜市)、静岡銀(静岡市)、池田泉州銀(大阪市)、但馬銀(兵庫県豊岡市)の4行。ドコモ口座との新規のひも付けは35行全てで既に停止している。

 被害は11日午前0時時点で12銀行の計73件、約1990万円となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ