PR

ニュース 経済

米MS、買収から離脱 TikTok側が拒否、オラクルで決着か

TikTokの米国事業をめぐり、運営会社はマイクロソフトに売却しない意向を伝えた(ロイター)
TikTokの米国事業をめぐり、運営会社はマイクロソフトに売却しない意向を伝えた(ロイター)

 【ワシントン=塩原永久】米マイクロソフト(MS)は13日、中国動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業買収案が中国の運営会社に拒否されたと発表した。MSはTikTokの買収競争から離脱。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、米ソフトウエア大手のオラクルが売却先に選ばれたと報じた。

 MSは声明を発表し、TikTokを傘下に持つ中国IT大手、北京字節跳動科技(バイトダンス)から「MSに売却しないとの通知を今日受けた」と明らかにした。買収に向けたMSの提案が、アプリ利用者と米安全保障の双方にとり、ふさわしいと今でも「確信している」と指摘した。

 トランプ米大統領は、米国のTikTok利用者のデータが中国当局に流出する「安保上の懸念がある」と問題視。今月15日までに米企業にTikTok米事業を売却できなければ、事実上、米国での運営を禁じる方針を示していた。

 買収をめぐっては、MSが米小売り大手ウォルマートと連合を組む一方、オラクルが投資ファンドをともに買収を目指していた。

 ただ、バイトダンスによる売却条件は不明だ。トランプ米政権は米国事業の完全売却を求めているが、売却条件によっては米政権がオラクルへの売却案を認めるか不透明な要素が残る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ