PR

ニュース 経済

「Go To」東京追加に業界関係者「押し上げ期待できる」

人通りがまばらな清水寺周辺=11日午後、京都市東山区(永田直也撮影)
人通りがまばらな清水寺周辺=11日午後、京都市東山区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 旅行業界の支援事業「Go To トラベル」の対象に10月1日から東京都が加わることに、関西でも「都民が加わればキャンペーン効果が上がる」(大阪市内のホテル)と期待が高まる。開始当初、人口1390万人に上る都民が対象外となったことで効果の低下が指摘されていたからだ。ただ、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念があるなかで事業には疑問の声もあり、期待と不安が交錯している。

 関西の主要ホテルでは、国内客の主力が関東からの来訪者という施設も多い。ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)は通常、国内客の約40%は関東からで、その多くは東京だ。キャンペーンが始まった7月以降、客室稼働率は改善傾向にあるが「まだ実感できるほどではない」といい、「東京が加われば押し上げが見込める。10月は稼働率1割増を目指したい」と話す。国内客の半数が関東圏というホテル日航大阪(大阪市中央区)は「出張客も呼び込める」と、ビジネス利用も期待する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ