PR

ニュース 経済

ファーウェイが独自OSの展開強化 来年からスマホに対応へ

ショッピングセンターにあるファーウェイの販売店の看板=7月、北京(ロイター=共同)
ショッピングセンターにあるファーウェイの販売店の看板=7月、北京(ロイター=共同)

 【北京=三塚聖平】中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は11日までに、独自開発した基本ソフト(OS)の展開を強化する方針を表明した。独自OSの最新版を投入し、スマートフォンなどへの搭載を積極的に進める。トランプ米政権が同社に対する制限措置を強化している中で、自前の技術展開を進めることで対応する考え。

 華為は10日、拠点を置く中国広東省で開いた開発者向けイベントで、独自OS「鴻蒙(ホンモン)OS(英語名・ハーモニーOS)」の最新版を発表した。中国メディアによると、最新版は同日からテレビや車載機器など向けの利用が始まり、12月からはスマホ向けの利用も可能になる予定だ。

 早ければ来年から主力製品のスマホが同OSに対応する見通し。鴻蒙OSは昨年8月に初披露していたが、最新版はスマホなどに対応機器を広げる。

 華為幹部の余承東(よ・しょうとう)氏は「来年、華為のスマホは『鴻蒙』に全面対応する」とイベントで強調した。米国による華為への事実上の禁輸措置を受け、米グーグルのOS「アンドロイド」に頼らなくても事業を継続できる環境を構築する考えとみられる。

 華為は、2020年第2四半期(4~6月)の世界におけるスマホの出荷台数で初めて世界首位に立っている。ただ、米政府の輸出規制強化により、主力スマホに搭載する高性能半導体の調達が困難になると表明するなど厳しい状況にある。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ