PR

ニュース 経済

大企業の景況感、1年ぶりプラス 7~9月、自粛緩和で好転

 財務省と内閣府が11日発表した7~9月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がプラス2・0となった。プラスは1年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大により大幅に落ち込んだ4~6月期(マイナス47・6)に比べ、企業心理が持ち直した。

 製造業はプラス0・1で、生産を再開した自動車関連が改善した。非製造業はプラス2・9だった。外出自粛の緩和で、宿泊や飲食、小売業などが好転した。ただ、財務省の担当者は「新型コロナの影響で依然、厳しい状況だ」との見方を示した。

 一方で、中堅企業はマイナス8・1、中小企業はマイナス25・8だった。いずれもマイナス幅は4~6月期から縮小したが、厳しい状況が続いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ