PR

ニュース 経済

JDIの4~6月期、162億円の赤字

 経営再建中の中小型液晶パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)が10日発表した令和2年4~6月期連結決算は、最終損益が162億円の赤字だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて車載向けパネルの販売が落ち込んだが、構造改革の実施で固定費削減が進んだことから、赤字額は前年同期の789億円から縮小した。

 本業のもうけを示す営業損益は70億円の赤字(前年同期は270億円の赤字)だった。売上高は前年同期比2・7%減の879億円だった。

 通期(3年3月期)の売上高予想は前期比15~25%減の3780億~4284億円と、従来予想(15~20%減)から下限を引き下げた。菊岡稔社長は同日のオンライン記者会見で「(需要が軟調な)スマートフォン向けは需要を注視していく必要がある」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ